そして世界は踊る2

日々の呟きやらなにやら。

真冬の日光記 第12回(最終回)

タツを片付けた(暑くて!)のに

ふつうに床で寝てしまうのは何故…?

(何故って云うか)(いやうんちょっと)

 

あと、とらつばのおかげで米津氏の

さよならまたいつかを聞いてたら、

ついでにUルトラマンに思いを馳せる夜です。

なんつうか、言語化の天才だな…??!(知ってた)

 

しょうがないので、なんとか日光記最終回を。

大猷院を満喫→レンタカー返却→お昼と

移動しつつ帰路につく友人達を次々見送り、

(1時間に一人ずつ脱落する感じw)

最後残ったメンツで駅周辺散策へ。

 

日光駅の裏は大谷川が流れていて、

あの地蔵たちのところから流れてます。

その川岸をてろてろと歩く。

そして広がるのが日光の山だね!というこれ。

一番左が男体山、右側に連なるのが霧降高原です。

位置関係ご確認下さいw

 

その手前にいくらか建物がありますが、

たぶん水道かなんかの管理場の隣り、

どう見ても…球場…のような照明がある?

(クリック推奨)

こんな所に???いくらなんでも

ナイター設備がある球場作ってもね???

と思ったら、小学校らしく。

(ぐーぐる先生に訊いた)

まあ緊急事態には避難所も兼ねるでしょうし、

この地形なら夜早いから照明設備、ううん…?

ちなみに、更に↑の左手奥に進むと東照宮です。

 

で、このあたりで方向転換、市街地に分け入ると、

見事な桜のあるお屋敷に出会います。

敷地をはみ出し、隣家にもかかるあたり、

けっこうな樹齢でしょうなあ。

まあ、ご近所さんも大事にしてくれてるようで

よかったなあという感じですが。

 

近寄る。

満開になったら見事でしょうね、枝垂れ桜

 

最後は酒を買って帰宅、美味かったよ!

前日呑んだのと同じ蔵のお酒ですが、

生じゃないけど、この時期にしか出ないver、

ということでお買い上げ。

というか、この酒屋のお姉さん、

自分の好みもちゃんと断って交えつつ、

地元のお酒を紹介してくれて、大変素敵でした。

今度行くときは夜呑む酒もここで買うべし!

 

ということで、案外近いことも分かったし、

また行きたいですね、日光、夏の華厳の滝とかさw

今度は中禅寺湖満喫とかありかも。

 

やあ、途中でセンバツを挟んだとはいえ、

2ヶ月もかかってしまった…_(:3」∠)_

まあ楽しいですが!!!!

その間に、前に行ったとき同道した

幼馴染み(現在アメリカ在住)に

光悦展の鶴下横長ハガキ送りましたよ!

長々とお付き合いありがとうございましたw 

 

江戸情緒…?

文字組ハジメマシタ、よ…!!

 

今回はKO談社ノベルス風、新書版二段組み、

憧れの?レンガ本と同じ仕様にしたいなって!

(どうだろう)(いや文庫だとページ数が)

しかし、案外書いてましたね、怪談…

何を今更、かもしれないですが、

短編苦手だったので…頑張ったな!

これはSS名刺ツール様のおかげな気がする。

 

(漫画と違って画像化するのが手間だったし、

個人サイト、支部やら投稿サイトに上げるのが

更に面倒くさかったから、気軽に公開できなかった。

ほんと画期的だと思います。

で、リクエストとかワンドロとかで

SSを書いて上げるのが圧倒的に楽になったもんねー)

 

丁度見開き2Pになると、絡新婦っぽくて

いいなあと思うんだけど、さすがに揃わない…

そりゃそうだ。あと収録順悩むな。

 

合間?に髪切って巻いてもらってたんですが、

金カムの話が半分くらいでした(笑)

前回、映画見ました?見ました!!

で終わってたしねwww 

ほぼ完璧な映像化って可能なんですね!

土方おじいちゃんと鶴見中尉が!

と同じ話しかしてないのは仕様です。

 

あと担当のお姉さん(もう10年来の付き合い)が、

最近「忍びの家」を履修したそうで、

半蔵門があの半蔵由来だった!という話をw

や、東京ってそういうところ多いですよね、

桜田門もそうじゃないですか。

あー、桜田門外の変とか、王子宿とか板橋宿とか…

(江戸の朱引きの説明は端折りましたがw)

 

あと四谷も四谷怪談ですしね、と言ったら、

お姉さんが「えええええ」と

新鮮に驚いてたのが感慨深かったですw

(本当に初めて知ったそうな)

そうですよ、お岩さんが駆け下った坂があります、

あと嗤う伊右衛門オススメです!

…とはまでは言いませんでしたが。

 

「都築さん詳しいですね!?」

「ええまあヲタクやって長いんで」

なんて会話もデフォルトですよ。

でもほんと、東京って江戸が残ってるんですよ。

想定外に都心で就職することになりましたが、

時代劇とか大河ドラマで聞いた地名とか

小説で読んだ舞台がほんとに存在するの、

けっこう嬉しいですよね〜。

小石川植物園、養生所か!とかさ〜www

 

ということで、豪徳寺に行かないとな。

エノさんがどんだけ招き猫壊したか確認しないと(まがお

真冬の日光記 第11回

ちょっと仕事で大ごとが…ありまして…

いや、原因はほんとちょっとした記述ミス、

だったのが、結果的に甚大だったというか。

しかも6年前からずっと、みたいなのと、

最近変更したところが間違っていた、

みたいなのと…ありまして…_(:3」∠)_

 

なんで気付かなかったかなあ…

ってのは、もう今さらなんですけどね…😭

あまりのエマージェンシーに、週末仕事か…

原稿が!!!と思ったけど、

そもそもの予定が変わって週明け仕切り直しに。

つまりそれだけ大ごとだという話で。

…原稿やりますよ、ええ…_(:3」∠)_

ということで、あとせめて日光記くらいはね。

さすがにあと2回くらいじゃないかな!

 

こちら、イエミツの霊廟本体です!

これだけでも豪華絢爛なのがわかりますが

中はもっとあれだった、すげえ。

なお狩野探幽の襖絵とか、

国宝がさらっと使われててびっくりする。

でも襖とか屏風って、確かに使ってナンボだよね。

クリック推奨です!

 

こちら後ろに続く建物で、この中にお位牌がある。

イエミツだけじゃなくて15代ほとんどここ…?

 

なお、脇にはもうひとつ門があって、

この先に…骨があるんだっけ?(適当にも程が)

まあ、これだけでも竜宮城みたいだよ。

 

そして帰り道、輪王寺最大の門・仁王門から見上げる。

妙なカットだけど、大猷院の豪華さ以外にも、

山の深さと豊かさが見えて面白いと思ってます。

 

そんで、↓寄り道3で乗せた水道というか手水、

こんな豪華な屋根が乗ってます。

ブルーが基調なのはこれだけだっけ?

とにかくお金持ちだよ徳川家…(ほんとにな)

 

輪王寺最後は宝物館のお庭

日光、スキー場もある山ですからね!

今年は雪不足のようですが…ほどほどに凍結。

 

そして春の兆し、梅

今ごろはもう散ってるかしら?

さすがにまだ桜は咲いてないと思うけど。

いや、もう二ヶ月経ったのか、早い!!

 

ということで次回、最終回、日光駅周辺の予定!

さすが因習村の雛形

今日の学び。

横溝御大、小説がすっっっごい上手だな!!

(当たり前体操)

 

や、20…いや四半世紀ぶり?くらい?に

犬神家の一族読み始めました。

(実家で母上が揃えてたのを読んだっきり…?

映像化は市川版中心にちょいちょい見てますが)

ゲ謎とのリンクが思ったより多くて、

あああああ、と思っています。

ゲ謎は配信で見直す? でも円盤欲しくなりそう。

 

有名なのは、犬神家と龍賀家は家族構成が似てたり、

湖のほとりにお屋敷があるだけじゃなくて、

間取りも近いし、甲冑があるのは市川版?

船着場があったりするところそっくり、

とは思ってたんだけど、

犬神家にも洋館あったよ、びっくりしたwww

 

三姉妹の雰囲気や、各人の配偶者・家族、

あと殺害方法に見立てがあるとかも、

ちょいちょい似てるんだなあって。

金田一シリーズはいわゆる因習村の雛形だけど、

スタッフにマニアがいるんだろうなー、

とは思います、っていうかだよね!?

むしろありがとうございます!嬉しい!!

 

なお、私は読書中、脳内で映像化しますが、

今回は石坂さんと吉岡さんのブレンドっぽい?

ハセヒロにはならなかったな…残念…(?)

やー、昨春のえねっちけーのSPドラマ、

改めてすごく良かったなー、とかさ。

様式美で進むのに、ラストが斬新でね!

あとしのぶさん天才、知ってた!!

 

しかしあのシリーズこそ円盤化しないのかな…

吉岡さん版もハセヒロ版も両方入れてほしい…

(おかげでHDDから消せないシリーズ)

新作も待ってますが!!

いいだけ本陣の話は作中でも出てくるから、

いつかやるんだと思ってる、よ…! 

本陣は吉岡さん、だよねえ?

女王蜂は是非、ハセヒロでお願いしたいなあ。

真冬の日光記 寄り道3

今日はお釈迦様の誕生日…あれ、4/7では?

あれ、4/8だったかしら…

ん? なに? Ged Wiidの日!?

(発売日ですって)

(一般社団法人 日本記念日協会によって認定済)

嘘でしょ…!?ってなってました。まあ名曲ですよね。

なんかネトフリで実写ドラマ配信だって?

すげーーー!!

 

なんて騒いでる場合かしら…

せめて日光こぼれ写真を少し載せておこう。

クリック推奨でーす。

 

まず陽明門の一部(?)にいたこの子

まあ、元々可愛いですが。

ちょっと引くと両側にお兄ちゃん達が居る、

っていうか、なんか末っ子ポジションだよね、

顔とかからしても悪戯小僧な感じが!

などと友人達と話しながら撮ってましたw

 

あとこちら、大猷院の入り口近く、

いわゆるお手水というか、あそこ(?)に

水を引くために作られた水路…?

なんて呼べばいいんだ??なアレ。

ちょっと暗くて見えませんが、

水の出口(山の川から引いてるのか?)が

龍のカタチをしてるんですよ。お前もか!

 

写真残ってた!w

ピントが甘いのは仕様です…_(:3」∠)_

えー、こんなところまで凝ってました。

さすが将軍家お金持ち…!!(N回目)

 

そろそろ続きも書くといいうか、

大猷院+輪王寺宝物殿であと1回で、

駅周辺散策で最後かしらね。超大作…! 

海岸に置き去りにされたピアノが紡ぐ物語は

日比谷、白いドレスやスーツのお嬢さんお姉さんが

わらわら居た、というか闊歩してたけど、

なんか…イベントでした…? びっくり。

真っ白い衣装って、花嫁衣装くらいしか見ないんで

ちょっと壮観でしたね。かっけえ。

 

えーと、今日は原稿もあったんですが、

ピアノ・レッスンを20年ぶりくらいに見に。

札幌で見た記憶があるので名画座かなあ…?

あのテーマ曲はご存じの方も多いのでは。

フィギュアスケートとかでも使ってる方いるし、

それで音楽好きな友人が好きだというので見た…

 

はずなんだけど、ほとんどうろ覚えだったね!

海岸に放置されたピアノのもの悲しさは覚えてて、

美しい画だったことと、とにかく痛そうな印象だった。

たぶん、娘さんに感情移入してたw 若かったね!

 

ので、悲しい印象があったんだけど、

今回は4Kリマスタ版でしたが、やあ、やっぱ美しい。

でも記憶よりずっとハピエンだった!!よかった!

あれはさ、不意に出会った物言わぬ少女に恋した青年

(どっちも2度目以降の恋なんだけど)が、

ちゃんとお互いの世界を補完する物語だなと。

 

しかし、ラストの記憶がまったくなくて、

え、これどうやって閉じるの?と思ったら、

あーーーー、そういう!!という衝撃w

いや、あるべきラストでしたよ、かっこいい。

あれは福音だし、ハピエンでしかないよ。

声を自ら手放した元少女は、自らの柩を海に沈めるんだ…

 

そこで思い出したけど、ひょっとすると、

海に沈む黒いドレスの少女(女性)のイメージって、

この映画だったのかもなあと…どうだろ。

ほら、最近、海に沈む少女イメージの話を書いたけど、

その源泉はこれか…?と思ったりとか。え、いま?!

 

ああ、もちろん旦那さんが気の毒でしょうがないな、

というのはある…貴方のせいじゃない。

お見合い写真でひっそり恋をした少女が、

先に出会ったトンビにさらわれちゃったアレ。
でも、そういうのは早い者勝ち、というか、

先に恋に堕ちた方が優先されるんだよーーーー!!

 

なんてね。

いま見たからこそ、これでいい、と思えた作品

なのかもしれないですね。

よく考えなくてもけっこうメンヘラだし、

ストーカーだしDVだし、残酷で美しい物語でした。

北の街、完結しました!

エブスタでの連載完結しました!!

estar.jp

 

センバツ終了後になるとは予想外、っていうか、

こんなに長くなる予定はなかった、んですが。

 

裏話は先日書いてしまったので、あれですが

えーと、面白かった…ですか…?

なんというか…あまりその…大丈夫?通じてる?

っていうか、なんていうか。

まあ今更なんですが、わりとバッドエンドなので

面白い…?えええ…だったらどうしようかな、とか…

どうしようもないんですが!!

 

ということで、読んだよ!とか、意味は通じました!

だけでいいので、いつでも随時感想は募集中です!